普通科

普通科

目標

変化の激しい現代社会のあらゆる分野で、発信力とリーダーシップを備え活躍できる人材を育成します。

  • 主体的な学習態度を育てるとともに、論理的な思考力や判断力を育てます。
  • 授業の質を向上させ、確かな学力を身につけさせます。
  • 高い「志」を育て、一人ひとりの第1志望の進路実現を目指します。
  • 様々な教育活動をとおして、コミュニケーション能力と協調性を育成し、将来にわたって社会に貢献できる人材を育成します。
令和5年度入学者 普通科教育過程表 令和4年度入学者 普通科教育課程表 令和3年度入学生 普通科教育課程表

「課題研究」で「教わる」から「自ら考え、課題解決に取り組む」への転換

大宮北高校では、平成28年度から第1期スーパーサイエンスハイスクール(SSH)、令和4年度から第2期スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、課題研究(STEAMS TIME)に取り組んでいます。生徒は自ら、課題を発見し、研究方法を選択し、研究を進めていくことで、主体的・意欲的に課題解決に取り組む能力を育むことができます。

また、ICT機器を使って、研究成果を効果的にプレゼンテーションすることにより、表現力やコミュニケーション能力を伸ばしていくこともできます。

変化の激しい社会での活躍を目指して

society5.0をたくましく生きるためには、[越境][融合][調和]などの考え方が必要となってきます。理数科・普通科を併設する大宮北高校では2つの学科がお互いに高めあってきた良さをさらに活かすため、普通科では2年生までを共通カリキュラムで、全員が「探究活動」を行います。3年生でコース分けをし、具体的な受験科目を考慮し、個々の進路実現をめざしています。