学校の歴史

学校の歴史

学校沿革

本校は、昭和31年4月20日、全日制普通科・男女共学の高校として開校されました。現在、25学級で生徒が学んでいます。
武蔵野の面影を残す緑豊かな大地に建つ本校で、生徒達は、自主自立の校風のもと、自己の能力を最大限発揮すべく、学習に生徒会活動に、部活動にと一生懸命励んでいます。
このような生徒達の努力に応えるべく、教師達も、日夜研鑽に努め、全力で指導しています。

本校を希望するみなさんが、本校のキャンパスで、自己を発見し、明日の社会を担う一員となるべく、充実した青春の日々を送ってくれることを願っています。

昭和31年 3月埼玉県大宮市立高等学校設置許可
昭和31年 3月小島保佐初代校長に就任
昭和31年 4月日進仮校舎にて開校,全日制普通課程男女共学,定員900名
昭和31年 4月小島校長病気休職につき神田三郎教頭学校長事務取扱に就任
昭和32年 7月有山宗六第2代校長に就任
昭和32年 7月第1期校舎建築落成(2階建1棟,平家建1棟,用務員室,宿直室,便所等)
昭和33年 5月第2期校舎建築落成(2階建1棟,変電室,便所等)
昭和33年 7月校名を埼玉県大宮北高等学校と改称
昭和33年11月校歌ならびに校旗制定
昭和34年 5月第3期校舎建築落成(2階建1棟,便所等)
昭和34年 8月水泳プール(25m x 13m x l.2m~1.5m),井戸,脱衣場等付属設備完成
昭和36年 3月第1期体育館兼講堂建築落成
昭和36年 4月下地恵常第3代校長に就任
昭和39年 3月本館第1期工事完了
昭和40年 4月駒宮恒吉第4代校長に就任,定員1,200名(24学級)
昭和40年 4月本館第2期工事完了
昭和42年 2月正門完成
昭和45年10月第1期鉄筋校舎建築落成(4階建1棟,特別教室)
昭和46年 4月生沢鶴寿第5代校長に就任
昭和46年12月第2期鉄筋校舎建築落成(4階建,普通教室12室)
昭和48年 6月第3期鉄筋校舎建築落成(4階建,特別教室7室及び準備室)
昭和49年 4月都築渉第6代校長に就任
昭和49年 7月第4期鉄筋校舎建築落成(4階建,特別教室3室,準備室及び図書館)
昭和51年 4月澤原正夫第7代校長に就任
昭和53年 9月第5期鉄筋校舎建築落成(4階建-a部5階,管理校舎,普通教室,準備室等)
昭和59年11月新体育館落成,日立武蔵を迎えて体育館開きを行う
昭和60年 4月岩渓戒二第8代校長に就任
昭和60年10月創立30周年記念式典挙行
昭和62年 4月畠中茂第9代校長に就任
昭和63年 4月臨時学級増(25学級)
昭和63年 8月りんどう会館(食堂兼合宿所)完成
平成元年 3月新築プール完成
平成元年 4月須藤幸夫第10代校長に就任
平成元年 7月りんどう会館,プール落成記念式典挙行
平成02年 4月部室棟完成(20室)
平成03年 4月小池正彦第11代校長に就任
平成04年 4月1学級臨時学級増を復元(24学級)
平成04年12月コンピュータ教室完成
平成06年 4月校名を大宮市立大宮北高等学校と改称
平成07年 4月田中武久第12代校長に就任
平成09年 4月新井行雄第13代校長に就任
平成10年11月本舘エレベーター完成
平成11年 4月小畔東第14代校長に就任
平成13年 4月松村秀第15代校長に就任
平成13年 5月校名をさいたま市立大宮北高等学校と改称
平成15年 4月貮又保第16代校長に就任
平成17年 4月宇田川努第17代校長に就任
平成17年11月創立50周年記念式典挙行
平成19年 4月里見義臣第18代校長に就任
平成21年 4月桑原幸夫第19代校長に就任
平成21年 9月西校舎耐震工事完了
平成22年10月本館・北校舎耐震補強工事完了
平成23年 4月竹本徳一第 20 代校長に就任
平成23年10月南校舎耐震補強工事完了
平成24年 4月土曜公開授業開始
平成25年 4月細田眞由美第 21 代校長に就任
平成26年 4月理数科(1学級)設置
平成27年 4月臨時学級増(25学級)
平成27年10月体育館非構造部材耐震化等改修工事完了
平成27年10月南校舎トイレ改修工事完了
平成27年10月創立60周年記念式典挙行
平成28年 4月文部科学省よりスーパサイエンスハイスクール(SSH)に指定

昔の大宮北高校

昭和42年(1967年)当時の大宮北高 正門完成

昭和42年(1967年)当時の大宮北高 正門完成

校門の前が舗装されていません。今ではこの校舎は残っていません。

昭和42年(1967年)当時の大宮北高 校舎・体育館

昭和42年(1967年)当時の大宮北高 校舎・体育館

白黒の写真が時代を感じさせます。前方に見えるのは田んぼでしょうか。