校長あいさつ

校長あいさつ

新時代における先端技術を活用した学びで、国際社会をリードする人材を育成する

校長 竹越 利之

 

本校は昭和31年4月に開校し、創立66年目を迎えた、歴史と伝統を誇る高校です。生徒は「自主・自律・創造」の校訓のもと、自ら育んだ高い“志”を実現するため、学校生活全般にわたって積極的に取り組んでいます。

 

全国の公立高校としてはトップクラスのICT環境を整備し、すべての生徒がタブレット端末を持つ教育環境を活かしながら、さいたま市の理数教育拠点校として「さいたまSTEAMS教育」開発の中核を担い、SSHを含めた校内外の様々なプログラムを展開しています。また、電子顕微鏡や3Dプリンター等の最先端機器も使用し、理数科・普通科を問わず先進的な教育活動を行っています。国際理解教育ではグローバル化に対応するため、海外修学旅行の他に海外派遣プログラムが5つあります。昨年度はコロナ禍のため、「ONLINE GLOBAL PROGRAM TAIWAN & JAPAN」を開催しました。今年度も状況を見ながら、オーストラリアやハワイの高校との交流事業を行い、理数科海外サイエンス研修も予定しています。さらに、英語を用いて論理的に議論する力を養う「Super Science Debate in English(SSDE)」を実施し、留学生の受け入れや送り出しを行うなど、海外交流事業も充実しています。

 

このような取組を通して、大学入試に対応する学力はもちろん、次代を担い、国際社会をリードするための教養・知識・技能、思考力・判断力・表現力、さらには多様な人々と協働して主体的に活躍する力や態度を身に付けていきます。

さいたま市立大宮北高等学校の生徒全員が自信と誇りを持ち、自ら育んだ高い“志”を実現することを期待しています。

新時代における先端技術を活用した学びで、

        国際社会をリードする人材を育成する。

 

さいたま市立大宮北高等学校

校長 竹越 利之

 

本校は昭和31年4月に開校し、創立67年目を迎えた、歴史と伝統を誇る高校です。生徒は「自主・自律・創造」の校訓のもと、自ら育んだ高い“志”を実現するため、学校生活全般にわたって積極的に取り組んでいます。

今年度、文部科学省から第2期目のSSH校の指定を受け、令和4年度から令和8年度までの5年間、科学技術系人材の育成のため、計画に基づき、独自のカリキュラムによる授業や、大学・研究機関などとの連携、地域の特色を生かした課題研究など、様々な取り組みを積極的に行います。今年から実施される新学習指導要領を踏まえ、本校独自の課題研究「STEAMS TIME」・科学をとおして国々を紡ぎ合わせる「グローバルプログラム」・さいたま市の理数教育拠点校としての「アウトリーチ活動」など、様々な学習機会を提供してグローバルサイエンスリーダーを育成します。

また、全国の公立高校としてはトップクラスのICT環境を整備し、すべての生徒がタブレット端末を持つ教育環境を活かしながら、アクティブ・ラーニングの実践や電子顕微鏡や3Dプリンター等の最先端機器を使用して、理数科・普通科を問わず先進的な学習活動を行います。さらに、現在は海外へ渡航できないため、本校をハブとして、オーストラリア、台湾、ハワイ、シンガポールの高校生とオンラインで海外交流事業を実施しています。

このような取組を通して、大学入試に対応する学力はもちろん、次代を担い、国際社会をリードするための教養・知識・技能、思考力・判断力・表現力、さらには多様な人々と協働して主体的に活躍する力や態度を身に付けていきます。

さいたま市立大宮北高等学校の生徒全員が自信と誇りを持ち、自ら育んだ高い“志”を実現することを期待しています。

令和4年4月