図書委員会 2018.12.07

文学散歩

11月24日(土)に図書委員文学散歩班は、ミステリー作品に関連したスポットを巡る文学散歩に行ってきました。また、今年で生誕100周年になる、いわさきちひろの美術館も訪れました。

ミステリー文学資料館

東京・池袋にあるミステリー作品を専門に扱う世界有数の図書館。戦前から保管されているたくさんの資料や、作家・鮎川哲也についての展示を見てきました。

江戸川乱歩邸

ミステリー文学資料館から徒歩数分の場所にある、『怪人二十面相』などの作者として知られる江戸川乱歩邸を見に行きました。残念ながら今回は入ることができませんでしたが、またいつか訪れてみたいです。

立教大学

立教大学は西池袋にある私立大学で、江戸川乱歩邸もこの大学内にあります。赤レンガでできた建物があり、綺麗な景観が広がっていました。昼食はここの学生食堂で食べました。

ちひろ美術館・東京

ちひろ美術館は、東京都と長野県の二か所にある、絵本画家・いわさきちひろと世界の絵本画家の作品を展示している美術館です。何冊もの絵本が置いてある部屋では、懐かしい絵本を手に取って読むことができました。

天候に恵まれ、快適な中で各所を巡ることができたのでよかったです。ミステリー文学資料館やちひろ美術館では、自分の読んだことのある本も見つけることができ、文学と思い出に浸れる一日になりました。

(2年 図書委員)

一覧に戻る